株式会社ヘルシーオフィスフー トップ画像

抹茶の道明寺みぞれ羹

見た目にも涼しい

抹茶の道明寺みぞれ羹

材料   流し缶1台分

*抹茶羹
水        100cc
粉寒天      2g
白こしあん    150g

*道明寺羹
道明寺粉     20g
水        100cc

グラニュー糖   50g
粉寒天      4g
水        300cc

作り方
1、みぞれ羹をつくる。
 道明寺粉をやわらかく煮ておく。小鍋に道明寺粉20gと水(100cc)を入れて中火にかける。沸騰したら弱火にしてヘラ等 
 でゆっくり混ぜながら煮つめ、火を止めて濡れ布巾をかけて30分蒸らす。

2、抹茶羹を作る。
 鍋に水と粉寒天を入れて火にかけ、ヘラで混ぜながら中火で煮溶かす。一度、沸騰させ弱めの中火にして2分程度煮る。

3、ボウルに抹茶を入れて水大さじ1程度(分量外)を少しずつ加えながら溶きのばしてから、白あんを加えてよく混ぜる。

4、水で濡らした流し缶に3を入れ、平らに整えて粗熱を取る。(寒天は早く固まるので、手早く流し缶に入れるようにしま
  す)

5、みぞれ羹を作る。
 鍋、粉寒天と水、グラニュー糖を加えて煮溶かし、1の蒸らしておいた道明寺(みぞれ)を入れて泡だて器で混ぜながら、 
 みぞれ羹をほぐす。

6、5をボウルに移し、そこを氷で冷やしながら、粗熱を取り、ある程度固まった4に流し入れ、冷やし固める。

7、食べやすい大きさにカットしていただく。