株式会社ヘルシーオフィスフー株式会社ヘルシーオフィスフー

寒椿

程よく赤みを加えて好みの椿を作りましょう

3個分

白あん(市販)     100g(25g×3+花粉用25g)
黒こしあん(市販)    45g(15g×3)

作りやすい求肥の量
白玉粉         15g
上白糖         30g
水           30cc
片栗粉         適量

食紅(天然)・赤色・黄色 緑色 少量
水          適量

作り方 
 
1.白玉粉は耐熱ボウルに入れ、15ccの水で溶き、砂糖、残りの水を加えて電子レンジで約20秒温める。ヘラで混ぜ、透明感が出るまでさらに数回繰り返し、片栗粉を広げたバットの上にとり出す。(求肥を作る)

2.白あんを耐熱ボウルに入れ、キッチンペーパーで覆い電子レンジで1分30秒加熱、混ぜる、ボウルの水分をとることを数回繰り返して白あんの水分をとばす。(粉ふき芋程度の硬さ)

3.白あんと求肥を混ぜひとまとまりにする。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


1、黒こしあんは、15gのお団子にまるめて、あん玉をつくっておく。
  
2、下処理をした白あんを25gずつに分けて配る。

3、2の白あんを丸めて、水で溶いた赤色の食紅をのせて手のひらで練り、再び丸めて手のひらの上で円状に押し広げる。

4、3に左手にのせて、黒あん玉をのせて包み、形を整える。

5、白あんは、10g、15gを別にとり、10gを黄色の食紅と混ぜて丸め、黄色の花粉を添える。15gに緑色の食紅と合わせ、葉っぱの形を作る。