黒豆かのこ

江戸時代に生まれた和菓子で祝う

お正月の黒豆には、魔除け、まめに働き、まめ(健康)に暮らすという願いが込められています。2015年のご健康とご多幸をお祈りして。


材料    4個分
  
白玉粉     20g
水       20cc

A材料
砂糖      35g
水       15cc

黒豆水煮   約100g
こしあん    100g

B材料
粉寒天     小さじ1/2
砂糖      大さじ1
水       50cc

片栗粉     適量
金箔      少々

下準備
1.ゆで黒豆はキッチンペーパーの上で水気を切っておく


作り方
1. 求肥生地を作る。ボウルに白玉粉を入れ、水を2回に分けてダマにならないように溶かす。 

2. Aを耐熱容器に入れ混ぜ溶かす。さらに1に半量加えて混ぜ、電子レンジで20秒温めて取り出し、Aの残り半量を混ぜて再びレンジで10秒温め取り出し混ぜる、さらに10秒と繰り返し白く塊になるまで繰り返す。
3. お皿に片栗粉を適量入れ、その上に2のまとまった生地をのせ、4等分にして丸めておく。
4. Bの寒天を作る。鍋に水を入れて火にかけ粉寒天を溶かす。砂糖を加えてしばらく煮る。泡に重みが出てきたら火を止める。

5. ラップの上に求肥を置き、こしあんで包み黒豆を表面にはりつけてラップで包みながら形を整える。(黒豆の重みで横に広がるのでラップで形を整える)

6. 5のかのこに寒天液をハケで塗り固める。金箔を添える。

*こしあんはやや硬めの方が形が崩れにくいです。
*求肥、こしあんともに甘いので今回、黒豆は水煮を使用していますがお好みでぬれ甘納豆などをご使用ください。