やわらかシュークリーム 

やさしい甘さの生クリームリッチカスタードを。

ひと口サイズの食べやすいミニシュークリーム。食べるタイミングでシュー生地のサクサク感やふんわり感を色々楽しめます。工程が多いですが、ひとつひとつは難しくはありません。ぜひチャレンジしてください。


シュー生地 (直径4cm10個〜12個分)
サラダ油   25g
水      50cc
塩      少々
薄力粉    25g
溶き卵    1個

生クリームリッチカスタード

卵黄     1個
砂糖     25g
薄力粉    10g
牛乳     100cc
バニラエッセンス 少々
バター(無塩)  8g
生クリーム(脂肪分40%以上)70cc
砂糖大さじ  1/2

必要な調理器具

鍋(行平鍋のような鍋底に角がないもの)、木べら、ボウル、粉ふるい、クッキングシート、丸金口、絞り袋、
霧吹き、泡だて器、ゴムベラ、ナイフ、濾し器、ハンドミキサー



下準備
1、全卵は常温に戻しておく
2、薄力粉をふるっておく
3、オーブンは200℃に予熱する
4、クッキングシートに直径4cmほどの円形をえんぴつで等間隔に描いておく(大きさの適した蓋などを活用)
5、絞り袋に丸金口をつけておく


作り方
シュー生地
1、鍋に水、塩、油を入れ中火にかけ、鍋全体がフツフツとなるまで沸騰させる。
2、ふるっておいた粉を一気に加え、すぐに火を止め勢いよく木べらで鍋底から混ぜ、全体がまとまったら再度火にかけ20〜30秒混ぜ合わせる。
3、2をボウルに移し、溶き卵を半量加え、木べらで切るように混ぜる。なじんだら練り混ぜ、残りの溶き卵を加えさらに混ぜる。
4、木べらで生地をたっぷりとすくい上げポトポトと落ちた後の木べらの残形が▽になる程度。(卵液は、生地の固さがやわらかすぎないよう様子をみながら加える)
5、絞り袋に4を入れ、クッキングシートに描いた丸の上に生地をしぼっていく。
*生地はひと肌程度の温かさで、口金は動かさず、こんもり丸く絞る。
6、水で手を湿らせ絞った生地のとがった先を軽く押さえてならす。30cm離れたところから霧吹きで水をたっぷりかけ予熱したオーブンへ。
7、200℃10分、170℃20分、150℃20分と3段階で。*決してオーブンを開けて熱を逃さないこと*
8、焼きあがったシュー皮は、網の上で冷ます。

生クリームリッチカスタード

カスタード作り
1、ボウルに卵黄と砂糖を入れて泡だて器で白っぽくなるまですりまぜる。薄力粉を加えなめらかになるまで泡だて器で混ぜる。*混ぜすぎないように
2、鍋に牛乳、バニラエッセンスを加え中火で周りがフツフツするまで温める。
3、1に2を少しずつ加えながら泡だて器で混ぜ、濾して鍋に戻し中火にかけ鍋底からゴムベラで混ぜる。とろみがついたら弱火にする。
4、ダマがなくなり、全体にまとまり、つやが出て下からボコッと沸いて重くとろっとしてきたらOK。火を止めてバターを加え、完全に溶けるまで混ぜる。
5、4を容器に移し入れ、ラップでぴったりふたをする。氷水の上で粗熱をとって冷蔵庫で冷やす。
その後、取り出しボウルに入れ、木べらで混ぜ、なめらかにする。

ホイップクリーム作り

6、ボウルに生クリームと砂糖を入れ、ハンドミキサーで9分立てに泡立てる。5のカスタードクリームに混ぜゴムベラでざっくり混ぜ合わせる。丸金口をセットした絞り袋に入れる。
7、シュー皮に切り目を入れ6を絞り入れる。食べる直前に入れるとシュー皮のサクサク感を味わえる。
やわらかい皮を好む場合は、少しなじませてからいただく。